お店を味方につけて稼ぐ3つの条件

はじめまして、こんにちは。
この度ご縁がありましてこちらでコラムを書かせて頂くことになりました麗香と申します。

私は大手グループの看板嬢としての経験含め、トータルで10年間の風俗嬢歴です。
目立つ経歴といえば、ミスヘブンとか獲った気がするけど、あんまり興味ないので忘れました。

現役時代の私は、
風俗で働くなら稼いでナンボ!という考えだったので、
自分なりのありとあらゆる戦略を駆使し、日々働いておりました。

ですが、ずっと順調だったわけではなく、
思うように稼げず伸び悩んだ時期もありました。

自分なりの稼ぎ方のスタイルに自信があった私は、
お店の言う事を一切聞かず、
ただただ自分のやり方を貫き通し続けたのです。

その結果、あるところで思うように稼げなくなり、
自分一人の力の限界を感じました。

そんな私を見兼ねて、お店の偉い人が言ったのは、
「お店を味方に付けなさい」というアドバイス。

周りが見えていなかった私には
目からウロコみたいな話でしたが、

確かに稼いでる女の子達は、
例外なく皆、お店と良い関係を築いていました。

お店からとても大事にされていて、
何か困った事があればすぐに助けてくれ、
悩んでいれば全力でサポートしてくれる。

行き詰まっていた私は、
素直にアドバイス通りお店を味方につけることにしました。

すると、行き詰まっていた売り上げも伸び始め、
結果的に、この時に稼ぎ続ける「マインド」を身に付けることができました。

失敗から学んだこの経験と、周りの稼いでいる女の子達を見て、
お店を味方につけるためには、3つの条件が必要なことに気が付きました。

それは、

  • 小言は助言だということ
  • 相談する人を間違えないこと
  • 要は素直であること

の、3つです。

それでは、1つずつ詳しくお話していきますね。

小言は助言だということ

お店のスタッフに言われて面倒なことってありますよね。
例えば、写メ日記更新してね、出勤増やせない?とか。

「写メ日記写メ日記るさいな、やろうと思ってたよ!」
「出勤だってこっちの都合も考えてよ!好きにさせてよ!」
って思いますよね。わかります。

私たち女の子にだって日常生活もあるし、
気分のムラもある。
遊びたい日もあるし、日記書きたくない日もある。

ただ、どれも、お店は女の子に一本でも多く仕事が付いて、
稼ぐことを願ってアドバイスをしてくれてるということ。

女の子にイヤな顔されるのを承知の上で
それでもコレはやったほうが稼げるよ、ってことを
お店はあえて言ってくれてる。

だけど、自分のスタンスに自信があり意見を聞かなかった頃の私は、
素直にアドバイスとして受けとることができず、

私のことなんて何も分かろうとしないで
無理難題押し付けてくる!!!
姑の嫁いびりみたい!!!

と殻に閉じこもるようになりました。

そんなスタンスで仕事をし、モチベーションも下がり、
お店の言うことも一切聞かず、
反抗するように写メ日記も投げやり、接客も適当。

全てが低クオリティになりました。

そうなると悪循環のはじまり。

そんな低クオリティな女の子が選ばれるはずないですよね。
今やお客様は30万人の女の子の中から選び放題なのに。

他の女の子は忙しそうなのに自分だけ待機中なんです。
これ、精神的にかなりこたえました。

もう自分なんて誰にも必要とされてない気がしてくるし、
当然稼ぎも減るし。

そんな時期でもスタッフは私に一本でも多く仕事を付けようと、
バナーを作成したり、受付で必死におすすめしてくれたり、
出勤情報のメルマガを送ったりしてくれていました。

お店はそれが仕事なので当たり前と言われればそうなんです。

だけどお店はそんな当たり前のことを当たり前にやってくれてる。
なのに私はというと、子どもみたいな駄々をこねて、
自分で自分の首を締めてしまってる状態。

なのにその尻拭いをお店にさせている。

自分の事ばかり考え、
疑心暗鬼になっていた自分が恥ずかしくなりました。
カッコ悪いやら申し訳ないやら。

そこから頭を下げ、軌道修正をしようと決心。

私のため、女の子のためを考えて
営業してくれてるということ。

その上でさらに稼げるように
アドバイス、サポートしてくれてたということ。

お店と女の子どっちのほうが頑張ってるんじゃなくて
それぞれの役割をそれぞれ頑張ってる。

そんな当たり前のことに気づけず、
私ばっかり頑張ってて損してるって思い込みながら
過ごした期間、本当にもったいなかった。

これに早く気づけていれば、
冒頭のお店からの写メ日記執筆要請、出勤要請etc..

いちいちイラっとせずにすんだので、
無駄な稼げない期間を過ごすこともなかったはずです。

相談する人を間違えないこと

頭を下げ、軌道修正を決意した私が、
何をどうすれば稼げるか、
相談した相手は、お店の中での一番偉い人でした。

一番的確なアドバイスを貰えると思ったのと、
軌道修正は私だけでの力では限界があるので、
お店全体でバックアップして欲しかったからです。

お店にお願いして、
撮影を組んでもらったり、取材を受けたり、
目立つバナーを作ってもらったり。

自分一人ではできないことは、
お店を巻き込み、協力してもらうのも手だと思います。

タイトル通り、
自分が稼ぎ易くするためには、
お店に味方になってもらうことが不可欠です。

なので、お店の中での相談事は、
全体を見渡している立場の人がおすすめです。

店長、統括、社長、会長など、
それぞれのお店で呼び名が違うかもしれませんが、
上の立場の人。

でも、お飾りの社長とか、
名ばかりのオーナーとかはダメですよ。
そこはしっかり見極めてください。

上の立場の人ってあまり接点がなかったりして、
遠い存在だったり、
お店によってはあまり顔を合わすことさえないかもしれません。

しかしお店を運営し仕切っているのは上の立場の人たちです。

その上の立場の人達は、
私たち女の子と直接面識がなくても
会議やスタッフからの情報などで、女の子の情報は把握してます。

今どの女の子が人気があるのか、写メ日記の頑張り具合、
勤怠状況にいたるまで、案外しっかり現状把握してます。

どの女の子をどう売り出すか、
ホームページ上のレイアウトでどの子を一番メインに推すか、
最終決定は全て上の立場の人がしている場合がほとんどです。

もしあなたが上の立場の人だったら
頑張ってくれてる女の子にチャンスを回したくなりませんか?

身近な存在のドライバーさんや、
話しやすい新人スタッフは、
親身になって話を聞いてくれると思います。

ただ愚痴を聞いて欲しい場合はそれでいいと思います。

いいタイミングで相槌を打ってくれたりして、
悩みや不満を話して聞いてもらうぶんにはスッキリするかもしれませんが、
解決を望むなら上の人間に直接話した方が話が早い。

具体的な例をあげてみると、

写メ日記を頑張って更新してるけど新規のお客さんが来ない。
内容や添付写メを変えたほうがいいのかな、
誰かの意見が欲しいな、

というような助言が欲しいような相談は上の立場の人に持って行きましょう。
頑張ってるあなたに親身になって一緒に考えてくれると思います。

お店に味方になってもらって、
サポートしてもらい、
どんどん稼ぎましょう。

要は素直であること

お店からのアドバイスに耳を傾けられる素直さ、
わからないことは教えてもらう素直さ。
協力して欲しいとお願いする素直さ。

どれも私自身がもっと早く知っておきたかったことです。
素直になれなくて、
稼げなかったあの期間、もったいなかった。

私が伝えたいことは、
素直にもっとお店を頼ってみても意外と大丈夫、
ということ。

今まで自分一人で強く頑張ってきた女の子にとっては、
頼る=甘えと捉えてしまうかもしれないけど、
甘える事と頼る事は全然違う。

そうやって関係を築けて行けたら、
お店はもっともっとあなたが稼ぐための力になってくれます。

元々あなたの味方であるお店をさらに味方に付けて、
どんどん稼いじゃいましょう。

風俗するなら稼いでナンボです!

もしそこで親身になってくれないお店は、
ダメ店なので、さっさと見切りをつけて速攻求人サイト開いて
次!行きましょ!

風俗店はいくらでもあるので、あなただから輝けるお店は必ずあります。絶対大丈夫!諦めないでね。

麗香でした。