暇だな~嘆く前にお客様を呼ぶコツ3つ

出勤しただけではお金を稼ぐことは出来ません。

保証がされているならばともかく、普通はお客様にサービスをしなければ賃金は発生しません。

風俗嬢ならば誰でも経験したことがある長い長い待機時間…。

売れっ子だって経験したことがない女性はいないはずです。

お客様が来なくて退屈な待機時間をどのように過ごすかによってあなたの給料は変わって来ます。

そこで今回は「暇だな~嘆く前に客様を呼ぶコツ3つ」についてご紹介します。

写メ日記の更新

暇だと思っているのでしたら、写メ日記の更新は必ず行うようにしましょう。

と…まずその前に、風俗嬢をしている女性ならば絶対に自撮り棒(セルカ棒)を買ってください。
既に持っている方は活用してください。

自撮り棒があるのとないのとでは全然違います。
スマホだけで写真を撮っているとワンパターンの写真しか撮ることが出来ません。

自撮り棒の登場により、距離感のある写真を撮ることが出来ますので、自分の服装や下着姿などを撮影することも可能になります。
指名が取れる風俗嬢なら自撮り棒を使うことが常識です。

写真は顔を出したりする必要はありません。
それよりも服装は下着姿、もしくは下着が見えているものが良いでしょう。

ちょっと過激過ぎる写真を載せている女性もいますがあまりおすすめしはません。
過激過ぎるとパトロール側に画像を削除される場合もありますし、お客様がその写真を見て満足して足を運んでくれなくなってしまいます。
あまりにも過激過ぎるのは遊んでからのお楽しみがなくなってしまうので、過激にならない程度のセクシーな写メで自分をアピールするようにしてください。

どんなことを書くかですが、今からお客様と会えることを楽しみにしているということがアピール出来ればいいですね。

「出勤しました。今日はどんなお客様とどんな楽しいことが待ってるのかな?お待ちしてます」

このように「私はお客様と楽しいことが出来るのが待ち遠しい」ということが伝わるように書くのがポイントです。

写メ日記の写真は出来れば毎回同じではなく色々とパターンを付けてくださいね。
おっぱいばかり載せていても胸フェチのお客様の目にしか留まらないですし、お尻フェチのお客様にも見て頂けるようにお尻の写真を載せたりすることも大事です。

SNSを活用する

お店の日記から離れて、風俗嬢として個人のアカウントを作成する女性も増えて来ました。
風俗を利用するお客様はあまりインスタグラムはやらないので、Twitterの方がおすすめです。
是非源氏名を使って営業用のアカウントを作ってください。
ここでは風俗嬢としての営業活動をするだけではなくて、自分のことも色々書いてください。
本当に自分が好きなことを書いてもいいですが、あまりにもリアルな自分を出してしまうとこんな所で風俗嬢をやっていることがバレてしまったりする可能性もあるので気を付けましょう。
源氏名のあなたが好きなことを書いたりしても大丈夫です。

写メ日記だとどうしても何回も書くことは出来ないこともあります。
でもTwitterであれば一日に何回更新しても問題ありませんよね。

Twitterを利用することで、男性と直接コミュニケーションを取ることが出来ます。
見ている男性達は、お店を利用すればこの子とエッチなことを出来るのか…!と思って予約を入れてくれたりもします。

お店によってはSNSを作ることを禁止している場合もあるかも知れませんので、一度スタッフに確認してから作った方が良いでしょう。

スタッフに頼み込む

これは最終手段です。
暇過ぎて仕事にならないという場合、誰が悪いのかと言うと風俗嬢自身が悪いとは限りません。
暇な風俗嬢が出て来てしまうということは、もっとお客様を呼び込む為の工夫をしていないお店側の原因である場合だって考えられます。

あなたの在籍しているお店、ホームページや新着情報はまめに更新されていますか?
スタッフブログはちゃんと更新されていますか?
こういった部分の情報更新が遅かったりするとお客様はなかなか来てくれません。
料金が高い店でも、お店が頑張って宣伝活動を頑張っていればちゃんとお客様が来てくれます。
暇な時、風俗嬢が出来ることは日記を書いたりしてアピールすることくらいしか出来ないのです。

最終手段はスタッフに「もっと宣伝をしてください」とお願いしてみましょう。
スタッフだってもっとお客様に来て欲しいと思っているはずなので、あなたがしっかり頼み込めば宣伝を頑張ってくれるはずですよ。
もうそれで何も変わらないのであればお店を移籍することも検討した方がいいかも知れません。

まとめ

今回は「暇だな~嘆く前に客様を呼ぶコツ3つ」についてご紹介しました。
お客様が来ない時間も上手に利用することで来てもらえるチャンスはあります。

待機時間はダラダラ過ごすのではなく日記を書いたりして過ごしてみてくださいね。
また、ネットで検索して風俗嬢の接客の勉強をするのもおすすめします。
お客様が来た時に良い接客をしてリピートしてもらえるように頑張りましょう。