風俗エステってどんなとこ?サービス内容やメリットまとめ

デリヘルの求人が沢山ありますが、派遣型の風俗店の求人の中にエステと書かれている物もたくさん出て来るのを皆さんも見ていると思います。

風俗求人なのに「エステ」って一体どういうこと?

初心者の女性はまずこんな疑問を思い浮かべるのではないでしょうか。

その疑問は、あながち間違いというわけでもありませんよ。

エステは女性が利用するサービスというイメージが強いですが、今回は「風俗エステってどんなとこ?サービス内容やメリットまとめ」についてご紹介します。

今注目の風俗エステ

風俗エステは今、男性達から注目されており、と同時に風俗の仕事を探している女性達にも注目されている求人の一つとなっています。

ほとんどの風俗店が営業しているエリアでは必ずエステというジャンルがあります。

派遣型が多いですが店舗型で営業している店もあります。

まず風俗エステがよく分からない方の為に、風俗エステとは何かを紹介していきます。

エステと言うとマッサージを中心として身体のコリや疲れをいやしてくれるお店のことだ。しかし風俗のエステとなるとマッサージ+αのサービスを体験することの出来る男専用の店になる。
女性のエステティシャンが身体の疲れから息子の疲れまで全てをスッキリ、サッパリさせてくれるのだ。
ヘルスやソープはガッツリと性的サービスに特化した風俗だから、やはりそれなりにムラムラしていてそういう体力も必要とするものだ。
しかし風俗エステはマッサージ中心にも性サービス中心にもなりえるバイプレイヤー。朝から晩まで働きづめでお疲れの企業戦士にはピッタリの風俗ジャンルではないだろうか。

(初めての風俗エステ 【ヌキあり性感マッサージ】)

「回春エステ」と「性感エステ」はここ3~4年で、急速に成長している風俗サービスです。
「風俗エステ 求人」などで調べたりすると必ずと言っていいほど目にするキーワードですね。
一括りに風俗エステと言っても最近では、色んなタイプのお店があります。
「風俗エステ」「アロマエステ」「性感エステ」「回春エステ」「メンズエステ」なんて言われたりしています。
たくさんありすぎて、違いは何?となるところなんですが、現状では明確な違いはありません。
回春エステのお店でも、性感エステのお店でも「性感」と「回春」は併記されているお店が多いです。
明確な線引はありませんが、実際のサービス内容はやや違ってきます。 「回春」という言葉自体が、男性の「春」を取り戻すという意味になります。

(ももジョブ)

エステは、マッサージなどを中心としたサービスを行う店舗である。男性向けのマッサージ店の場合、女性店員が個室で男性客にマッサージを行う。美容の「エステティック」を語源とし、エステティックサロンに準えて「~式エステ」などの肩書きで営業している店舗が多い。性的なサービスのある店舗と性的なサービスのない店舗があるが、性的なサービスのある店舗は風営法上の性風俗関連特殊営業に該当する風俗店の一種である。

(ウィキペディア)

風俗エステとは簡単に説明すると女性キャストから施術をして貰えるちょっとセクシーなマッサージ店であることが分かりました。

マッサージサービスであることは共通していますが、エステと言ったり性感マッサージと言ったり店によって呼び名が異なりますが基本的にやっているようなことは似たようなことです。

男性向けの大人のエステということもあり、鼠径部をマッサージし下半身を元気にする目的で利用している男性も多いです。

エステを語っているだけで殆どエステ的なサービスを行わない店もありますが、本格的に美容目的のサービスを受けることが出来る風俗エステも存在します。

エッチな気分になりたいというだけでも利用出来ますし、それに加えて美肌になりたいという男性も利用出来るのです。

ヘルスではないので素股やフェラなどはありませんが、手コキなどのサービスを受けられる店も多いですよ。

風俗エステのサービス内容とは?

エステの仕事と言うくらいだからちょっと難易度は高めなのだろうか?

何も知らない女性達は色々不安があることでしょう。

お客様にどのようなサービスをするのかが分からないと求人に応募することも出来ません。
ここでは風俗エステの仕事内容を見てみましょう。

風俗エステ店の仕事内容としては、アロマオイルを使った全身へのリンパマッサージ。
リンパの滞っている部位がおしりと鼠径部、つまり男性性器が勃起しやすい部分に近いため、リンパマッサージを真面目にやっていても男性は勃起します。
リンパの滞りをほぐしている間に勃起。
その流れでオイルやローションを使って手で射精に導くのが回春マッサージです。
回春マッサージも性感マッサージと同様、男性が受身になることが前提です。
大抵の風俗エステ店では男性客から女性へのお触りや男性から舐められたり、キスなどの強要は禁止です。
胸や陰部へのおさわりももっての外。
オールハンドで性感帯を刺激する仕事内容の回春マッサージも風俗の仕事に抵抗がある女性に人気が高まっています。

(みっけ)

リンパマッサージを施します。
リンパマッサージの目的は、老廃物を体の外に出す事です。
大人になると中々老廃物が排出されないのでマッサージをしてリンパ腺の流れを良くしてあげないといけません。
マッサージで下半身のリンパを促してリンパ節(リンパせつ)と言うフィルターまでの流れを良くしてあげます。
足先から鼠蹊部(そけいぶ)と呼ばれる太ももの付け根までを、オイルを使って指で押しながらリンパ節(リンパせつ)に向かって押し出すようにマッサージしてあげます。
全身をやるお店もありますが、基本的には下半身中心のリンパマッサージになります。
平均的な時間相場の90分コースだとしても、全身を時間内に施術するのはある程度の技術者でないと難しいです。
リンパマッサージをする際には、お客さんの顔にまたがる顔面騎乗と言うサービスをしながら行うお店もあります。

(風俗で稼ぐ方法を全部話そうと思う)

すごく直球でサービス内容を説明してしまうと…
1.お客さんの全身をマッサージ(アロマ・オイルなどを使用するお店もあります)
2.最後にハンドサービスでフィニッシュ!
という流れになります(^_^;) もちろん、1番最初のマッサージ内容がお店によって本当に千差万別なんです。
例えばちょっとだけマッサージっぽいことをする程度の場合もあります。
逆に普通のマッサージ店クラスなかなり本格的にきっちりマッサージをするというお店まで幅広くあります。
なので、お店選びを間違えると、アルバイト気分で行ったらすごくキチンとマッサージを覚えなくてはいけなくてビビった…っていうことになりかねません。

(ももジョブ)

一口に風俗エステと言ってもお店によってサービス内容が色々違っていることが分かりました。

本格的なマッサージをメインに行っている店もあればエッチなことをメインに行っている店もあります。

また、キャストの服装に関しても水着姿だったりショートパンツだったり、オプションによってはトップレスになる店もあります。

基本的にヘルスで行うようなサービスはしませんが、オプションにフェラが含まれていたりする場合もあります。

何を使ってマッサージをするかもお店によりけりです。

上記にも記載されていますが、オロマオイルを使用することもあれば泡だったりパウダーを使用してマッサージをする店舗もあります。

性的なことよりもエステとして本格的なマッサージを売りにしている店は研修が本格的でじっくりと時間を掛けて行う店が多くなっています。

気軽に稼げるバイトと言うよりも技術を身に付けたい方にもおすすめと言えるでしょう。

風俗エステで働くメリット

色々あるけど風俗エステで働くことでは他のジャンルとはまた違ったメリットがあります。

内容を知れば思わず「うんうん」と納得してしまいたくなるような風俗エステのバイトならではのメリットをいくつかご紹介します。

基本コースだけで仕事をすれば、脱がない、舐めない、触られない…という、風俗のお仕事の中ではかなりソフトサービスな内容になります。
もちろんヌードになるなどのオプションがあるお店が多いですが、いずれにしてもヘルス系のお仕事よりはかなりソフトな傾向ですので、ハードな内容に抵抗のある女の子でもしっかり稼ぐことが出来ます。

(ももジョブ)

ほとんどのお店でエステやマッサージに関しての講習があり、しっかり技術を習得することができるので、風俗経験やマッサージ経験がなくても何の心配もいりません。
またレッスンの受講が終了したら資格がもらえるお店もあるので、いわゆる手に職をつけることができます。

(ナデシコワークマガジン)

性感エステは仕事内容がかなりソフトサービスになります。フェラや素股を行う必要はありませんし、店舗によってはディープキスすらないところもあります。
仕事内容は通常のマッサージと手コキがメインですので、お客さんと触れ合うことが少ない風俗です。このような仕事内容なので、初心者・未経験の女性でも比較的安心して働くことができるのではないでしょうか。

(GOODJOB 風俗求人情報センター)

働くメリットがこんなに沢山ある風俗ジャンルはとても珍しいことです。

なかでも本格的な性的サービスを色々とやらされる必要がないのでハードなことをしたくない方でもチャレンジするハードルは低いのは嬉しいですよね。

未経験の方でもちゃんとした講習を受けてからお仕事を始めることが出来ますし、風俗エステ卒業後は風俗ではないマッサージのお店を自分で立ち上げる女性もいる程です。

基本的に性的なサービスをしないので他の風俗と比べると性病になるリスクはゼロに近くなります。

ハード系のエステを選ばない限りは性病になることを気にしつつ働くことはありませんし、検査をする必要もありません。

バリバリ稼ぎたいという方も生理の時でも出勤して通常通り仕事が出来るのも魅力です。
トップレスにはなってもオールヌードになることはエステというジャンルではありません。

まとめ

今回は「風俗エステってどんなとこ?サービス内容やメリットまとめ」についてご紹介しました。

性的だけど普通の仕事に近いのが風俗エステというジャンルです。

ちょっと違いますがお医者さんや看護師さん、介護士さんも性的な仕事ではありませんが異性の恥ずかしい所を触ったりはするけど本格的な性的なことをしたりすることはありませんよね?

風俗エステもそのような意味では共通する部分もあります。

エッチ過ぎることをするのに抵抗がある方でも高収入を必要としているのであれば是非風俗エステの体験入店に行ってみてくださいね!