ロングコースでバック金額をアップ!ロングコースを選んでもらうコツまとめ

もっと沢山風俗で稼ぐ為にはオプションを付けてもらう方法もありますが、ロングコースで入ってもらうことも有効的です。

ロングコースとは90分や120分、150分など時間が長いコースのことです。

お店によっては半日くらい女の子と遊べるプランを用意していることもあります。

あまりにも長い時間お客さんといると若干のしんどさを感じるかも知れませんが、長ければ長い程高額を稼ぐことが出来るので大金を稼ぎたいのならばロングコースを取れるような風俗嬢を目指しましょう。

何本も本数をこなすよりもロングで少ない人数を接客した方が案外体力の消耗は少なくて済みます。

たまにしか出勤が出来ない方でもロングコースを取って貰えることが多くなれば楽に高収入を稼げますよ。

ロングコースのバック金額

皆さんもご存知のように、風俗の仕事は固定給ではなく出来高制になっています。

ロングコースはお客さんの支払う料金が高いので、当然バック金額もショートコースに比べると高くなっています。

ロングコースのバック額の例を見てみましょう。

風俗嬢のお給料は、実際に接客したお仕事の本数(人数)とコースの長さによって決まる歩合制(出来高制)であることがほとんどす。
例えば60分のお仕事を2本こなせば、60分のお給料バック(例10,000円)×2、これが基本のお給料になります。
これが60分でなく倍の120分コース(お給料バックが20,000円とする)であれば、1本のお仕事でお給料が20,000円。お仕事2本つけば40,000円です。

(ももジョブ)

デリヘルの場合、ロングコースを利用される出張客のビジネスマンが多いので、長いコースでゆったりと接客して、少ない本数で稼ぐのが特徴的です。120分コースが3本入っただけでも指名料と合せると54,000円になりますので、接客時間は長いですが、その分お給料をもらった時の喜びは格別なものかもしれません。

(高収入ドットコム)

デリヘルのお客さんの方は90分以上のような一般的にロングで遊ぶケースが多いようです。
ちょっと考えてみましょう。120分が3本入った場合はバックが2万円で、女の子はなんと6万円稼げてしまいます。
多分普通に稼ぐなら、かなり最高額に近いですね。

(ももジョブ)

こちらで紹介したのはあくまでロングコースのバックの一例にしか過ぎません。

ロングコースの料金やバック率などはそのお店ごとによって全く異なりますし、高級店なのか激安店なのかによっても変わって来るので一概に何万円ですと言い切ることは出来ません。

高級店やソープでしたら此処で紹介した例よりも更に高いバック金額が支給されるケースも多いです。

風俗店にも昇給制度を設けている店もあるので、沢山お店に貢献するようになればロングコースに限った話ではありませんがバック率を上げて貰える場合もあります。

更にロングコースとなると時間にもたっぷり余裕があるので色々なオプションを付けて楽しみたいというお客様を相手にする率も高くなりますよ。

オプションも併せて一気にまとめて稼ぐことが可能です。

一日の間にロングコースのお客さんを数人接客するだけで簡単に5万円は越えると思って良いでしょう。

ロングコースにしよう!と思ってもらうコツ

ロングコースを選べばそれだけお客さんの支払う金額は高くなります。

お金に余裕のある男性ばかりではないので、出来るだけお金を使い過ぎないように風俗遊びを楽しんでいる方も多いですが、稼ぐ為にはロングコースを希望して貰えるようにしなければいけません。

稼いでいる風俗嬢がやっているロングコースを取る為のコツをご紹介します。

実は意外に簡単だったりします。
デリヘルではお客様と対面後にコースを決めるので、入室から3分程度しか仕掛ける時間はありません。
「短すぎる!」と思いますが、逆を言えばこの時間で出来ることは少なく、この短い間でしか出来ないサービスをやればいいだけです。
そもそもお客様は最初から短いコースでしか遊ばない(遊べない)と決めているお客様と、様子見をしているお客様がいます。様子見をしているお客様は「良い子だったらロングにしよう」と考えているので、入室後は愛嬌◎で世間話をしながら密着しボディータッチをしてください。
これだけでお客様はこの後のプレイに期待を膨らませることでしょう。
まずは「地雷じゃない」と思ってもらうことがポイントになります。
最低コースしか取れない女性の多くは入室後「お店に電話入れますね。何分にしますか?」と淡々と業務を行い、ロングコースを取れないことが多いです。その後のプレイが良ければ次には繋がるかもしれませんが、どうせなら最初からロングをしっかり取っていきたい所ですよね。
サービス終了間際に、本指名に繋げるために「もっと遊んでいたかったな」とか「今日はお客さんとずっといたいな」などと甘い言葉をかけるようにしましょう。
出来るならば自分から仕掛けるキスや、本来なら有料オプションとなるサービスも惜しまずするとお客様のハートもガッチリ掴みやすいです。

(元風俗嬢だけど何か質問ある?)

ロングコースにしてもらうコツは会ってから「愛想よくイチャイチャする」のと「ボディタッチをしっかりしてエロい雰囲気を出す」の2つをしっかりとする事です。
初対面のお客さんとの間にはギクシャクした感じがどうしてもあると思うのですが、ギクシャク感がある状態では様子見と言う態度を取られてしまい、ロングコースを取る事は難しいので、とにかく愛想を良くしてそれを取り除かないといけません。
ギクシャク感を取る事の次にする事はエロい雰囲気を作る事で、きっとこの子は地雷みたいな接客では無くて良いサービスをしてくれると思われるでしょうし、何よりエロい事で頭が一杯になると男性の判断力は下がるので、ロングコースを選びやすいでしょう。

(風俗の読みもの(女の子向け))

不景気なこのご時世でロングコースを希望してもらうのは難しいだろうと思っていた方もいることでしょう。

しかし、ロングコースにしてもらうのは実際にはそこまで難しいわけではありません。

これらのことで分かることは、第一印象、会った時にあなたがどのような行動を取るかで決まって来るのです。

初対面のお客様でもロングコースで続々と入って貰える風俗嬢は、お客様に対して最初から神対応をしているのです。

まだ新人の風俗嬢にはちょっとコツがいるかも知れませんが、明るいトーンの声で挨拶してボディタッチをしてあげて下さい。

「初めまして~」と握手をしてあげるのも男性はドキっとしてくれますよ。

どんどん自分から話し掛けてあげることも大事です。

積極的に会話をすることにより「私はあなたと遊ぶことに興味があります」とアピールすることが出来るからです。

風俗嬢に神対応をされて嫌がるお客さんはまずいません。

「この子とだったらロングで遊びたいな」ときっと思わせることが出来ます。

ロングコースの過ごし方

ロングコースで入って頂けると沢山稼げるようになるのは嬉しいのですが、時間が余ってしまったり、どのように過ごせばいいのか分からないという声はよく聞かれることです。

多くの風俗嬢が悩んでいるロングコースの上手な過ごし方を覚えておいて下さい。

ロングコースの場合時間を潰しやすいのがお風呂でのプレイ。湯船にお湯を張ってお客さんとお風呂でイチャイチャしたり、湯船の中でできるプレイをいくつか覚えておきましょう。湯船をはれば、お湯をはる時間も稼げます。そういった時間や、一度お客さんがイッた後にはマッサージなどをしてあげることにより、時間稼ぎにもなりますしお客さんとの触れ合いの時間にもなります。一緒に添い寝をしてテレビを見たり、のんびりしながらキスをしたりハグをしたり、というのもお客さんの恋人気分を盛り上げるコツです。ビジネスライクに他人行儀にしていると手抜きしていると勘違いされかねませんので、なるべく親密な雰囲気作りを心がけるようにしましょう。 お客さんと会話をして時間を潰し場合は、あまり自分のことばかり喋り過ぎないようにしましょう。なるべく聞き手側に回ってお客さんに喋らせるようにすると、お喋りをして手抜きしようとしている雰囲気を減らすことができますよ。

(中国地方最大級の風俗グループバイト求人サイトマネトラ)

ひたすら、ひとつひとつの時間をゆっくりにしています。サービス受けたいなら、ずっとサービスするし、話好きっぽければ、話す時間長め。

(ソープランド求人 らぶぼにーた)

ロングコースで指名するお客さんは、連続で何回も続けて…ということは少ない傾向があり、お客さんの心理的にも「女の子と会話を楽しみたい」と思っていることが多いので、「話す、聴く」ということを重視してみるのも良いです。
ホテルで女の子と一緒に映画を観たり、食事をしたりして楽しみたい…と、ロングコースで指名をしてくれるお客さんはこういった考えの方がかなり多いみたいです。
また、お客さんには喋り好きの方も多く、しっかりと相手の話を聞いて会話してあげることでお客さんは満足します。話が合うお客さんであればロングコースだってあっという間に感じることもあるので、相手が何を話したいか、または何を聞きたいかを察知して会話してみましょう。
必要であれば、軽くマッサージしてあげたりするのも良いです。プレイよりもマッサージの方が女の子のカラダを考えれば楽なのでオススメですよ!

(デリヘル求人サポートセンター)

ロングコースを選んだからと言ってずっとエッチなことを続けていたいお客様は意外と多くはありません。

ずっとしていてもお客さんの方も疲れてしまうからです。

だからこそ時間が余ってしまってどうしたら良いのか分からないという声が多いわけですが、このようにプレイをゆっくり丁寧にしてあげることをしてみたり、マッサージをしてあげたり会話を楽しんだりして長い時間を楽しく過ごすことがコツです。

ロングを利用するお客さんは、風俗嬢ともっと仲良くなりたいと思っている人が多いです。

出来るだけ沢山会話をして本当の恋人のように仲良くするように心掛けてみて下さい。

もちろんお客さんは高い料金を払って遊びに来てくれているので、時間が余ってしまった時はお客様にどんなことをしたいか訊いてみることは大事です。

出来るだけお客様のリクエストには応えるようにしてあげると次回もロングコースで予約を入れてくれてまたガッツリ稼げるようになるかも知れません。

まとめ

ロングコースでサービスをするのは慣れるまでは結構大変なことかも知れません。

ですが時間が長いことで沢山稼ぐことが出来ますしお客さんとの仲も更に深まるので太客をゲットするにもいいチャンスです。

あなたが新人さんでも経験者さんでも、対面した時に相手に良い印象を与えることでロングコースにして貰うことも可能です。

時間が長い分色々なプレイにもチャレンジすることも出来るので、風俗嬢としてよりテクニックに磨きを掛けることも出来ます。

ロングコースで入ってくれるお客様は経済的にも恵まれている人が多いので、このようなお客様をどんどん太客にすることを目標に接客をして下さいね。