出稼ぎ風俗の宿泊先が気になる!寮・ビジネスホテル・待機室まとめ

近年風俗嬢の間でもとても流行っている出稼ぎ。

昔に比べると出稼ぎを歓迎しているお店もかなり増えましたよね。

出稼ぎは週末だけでも、何ヶ月に渡ってでも出来るお店もありますので、自分に合ったお店さえ見つけてしまえば気軽にすることが出来ます。

短期間でも長期間でも知らない街に滞在することになるのですから、ちょっと旅行しているような気分も味わうことも出来ますので、仕事の為に行くとはいっても案外楽しめたりします。

そこで大事なのは宿泊先ですよね。

宿泊先は自分のプライベートを過ごす為の場所なのでとても気にする女性はたくさんいます。

お給料よりも宿泊先を重視して出稼ぎ場所を選ぶ人もいるくらいです。

風俗嬢が出稼ぎした場合の宿泊先は大きく分けるとお店の寮かビジネスホテルなどになりますので、その特徴をまとめました。

寮での生活

出稼ぎしていない風俗嬢でも利用することができたりしますが、風俗店によっては寮を完備している店も多くなっています。

出稼ぎをする女性には、寮かホテルかどちらか自由に選べますよ!という所もありますね。

家具や家電など最低限生活に必要な物が揃っている場合がオーソドックスです。

出稼ぎを長年受け入れていて、寮を管理しているお店によってはキャストが希望するものを順次とりそろえているところもあります。
このようなところでは、下手なビジネスホテルより備品関係の 充実度はすごいです。
洗濯機や乾燥機はもとより洗剤や柔軟剤、加湿器、ヘアーアイロンなどもあればキャストからのリクエストと思える電源の延長コードなどもそろえています。ドライヤーを使ったりスマフォの充電をするときには重宝しそうです。

(出稼ぎ女子必見 出稼ぎ女子ナビ)

風俗店の寮は様々ですが、一番多いのが風俗店自体が借り上げているワンルームマンションへの入寮でしょう。
会社や、お店の社長さんの名義で借りているマンションで、普段は予備の待機所や休憩室として利用している部屋を、出稼ぎ女性の為に寮として開放するするという形式です。

(みっけ)

寮だから掃除されていると、清潔であることを期待していったのに、前に宿泊していた女の子のゴミは残ったまま、床も髪の毛やホコリがたまっていてトイレや風呂も掃除されていないなどの状態ではテンション下がってしまいます。
そんな事にならないように、事前に寮の管理状態がどうなっているか、可能であれば部屋の写真を送ってもらうなど把握することが大事になってきます。

(ちょっと出稼ぎ 毎日幸せ 出稼ぎ女子)

寮での生活はこのような感じになります。

寮と言うとルームシェアのように数人の女の子が同室で生活することをイメージする方も多いかも知れませんが、確かに昔はそのような店が沢山ありましたが現在では激減しています。

今は殆どが寮といっても一人暮らしをしているような感覚と同じであり、お風呂やトイレなども共用する必要はありません。

ただ、一部では他の女性と同室という場合もありますし、上記のようにあまりキレイではない寮である場合もあります。

寮の状態に拘る方は実際現地に行く前にどのような寮なのかお店側に確認をしてから出稼ぎに行くかどうかを決めることをお勧めします。

料金に関してはお店によってもバラバラですが、無料~4000円程度が一般的です。

繁華街の近い地域にある寮ですと費用が高く付く場合などもあります。

寮代はお給料から引かれるので少しでもお金を使わないようにしたい方は安い寮に宿泊出来る出稼ぎ先を探しましょう。

ビジネスホテルでの生活

寮は普通のマンション住まいですが、出張している会社員のようにビジネスホテルに宿泊しながら出稼ぎする場合もあります。

ホテルに宿泊する場合はお店が用意するのではなく、自分で滞在したいホテルを探して泊まる形になります。

寮を完備している店ですとホテルに滞在が出来ないケースもあるので予めお店に相談しましょう。

ビジネスホテルを利用するのですから、一般的な出張そのものです。お仕事に出ている最中に、部屋の掃除などもやってもらえるので、衛生的にも安心して出稼ぎを楽しむことができます。
お店側には、滞在先のホテルを伝えておく必要がありますが、干渉されることはまずありません。お店側で積極的にビジネスホテルを用意してくれるケースは、まだ少ないように感じますが、女性側からしてみれば一番嬉しい寮なのかもしれません。

(みっけ)

MIUがビジホの宿泊費で感じたのは都心に近い程高くなるって事!
当たり前だけど都会はビジホ台自体が高いし、
駅近になる事が多いので仕方のない事ですよね(´・ω・`)
だけど物品が揃っているしお掃除も毎日入ってくれるので清潔です☆
ビジホによっては加湿器や空気清浄機があるところもあるし、
コンビニは近いし楽ですよね~♪

(★わたしが出稼ぎデリヘル風俗で働くMEMO★)

寮に比べると宿泊代が高かったり、寮のような備品等の充実度はありません。
ホテルの場合備え付けの洗濯機や乾燥機があっても、共用ですので他の人が利用している場合は使えなかったりします。

(出稼ぎ女子必見 出稼ぎ女子ナビ)

ビジネスホテルを利用するとこのような感じになります。

ホテルということもあり、プランによっては朝食が付くこともあり、掃除も自分でする必要がないので楽ですよね。

その代わりキッチンがない所も多いので自炊が出来ないなどの不便な点が出てきてしまうので、出稼ぎ中は食生活が偏らないように注意しなければいけません。

料金は寮よりも高くなり安くても3000円、相場は4000円~5000円の間であることが一般的です。

100%実費なのか、お店側がいくらか経費として出してくれるのかも調査したいところですね。

どれくらいの期間出稼ぎするのかにもよりますが、滞在期間が長い程、割り引きして宿泊出来るプランを用意しているホテルもあるので探してみましょう。

寮の場合は送迎があったりしますが、送迎されないというデメリットはお店によってあるものの、お店に干渉されたくないという女性にはピッタリです。

駅から近いことが多いので滞在中に買い物をするのも便利です。

待機室での生活

冒頭にて宿泊先は寮かビジネスホテルのどちらかになるとは書きましたが、特殊なタイプですが待機室に宿泊するという事例も実際に存在します。

「まさか」とは思うかも知れませんが、寝る所に拘らず旅行ではなく私は仕事をしに来ているんだ!という気持ちの強い方には悪くはないかも知れません。

以前は店舗型の風俗店によく見られたシステムですが、現在はデリヘルなどの派遣型風俗店でもこのような店もあります。

待機室は、個室待機の場合はネットカフェのような狭いブースに分かれている事がほとんどで、ワンルームマンションのような部屋に一人で待機できるわけではありません。この場合は、まさにネカフェに宿泊するように横になれてもギリギリか、リクライニングできる椅子で寝ることになりますが、それに慣れている子なら苦にならないでしょうし、狭くても一人になれる保証がある上無料で泊まれるなら選択肢としてアリかと思います。

(一億風俗で稼いだ風俗嬢の実話)

Q、毎日デリヘルの待機所にいる子って、そんなに生活困ってるのかな?待機所で寝泊まりしてるって噂だけどどうなんだろう?
A、毎日デリヘルに出勤してる子は、お金に困ってるってより、他にやる事がないから働いてるんじゃないかな?
お店によっては待機所に寝泊まりさせてくれる所もあるから、本当にお金がなくて困っている人は、待機所で住んでる可能性が高いよね。

(デリヘルの求人を詳しく解説)

「待機所はパーテーションで1畳程度に仕切られてて、座椅子があるの。でも、座椅子で寝ると疲れが取れないんですよね。だから自腹で買った布団を敷き詰めて寝てるコもいた。壁が薄いから音が筒抜けで、みんな寝てる時間にうるさくすると、ケンカになることもあった。環境としては最悪」

(日刊SPA!)

今では待機室で寝泊りをしている風俗嬢は殆どいなくなったものの、待機室での宿泊生活はこんな感じです。

個室の場合もあれば集団の場合もあり。

どちらの場合でも窮屈ですし、個室じゃない場合はプライバシーもありません。

でも悪いことばかりではなく、待機室に泊まれることを売りにしている出稼ぎ求人は宿泊費が無料で打ち出していることがよく見られます。

本当に生活が困窮してしまっている状態で少しでも削れる部分は削りたいと考えているならば無料で寝る場所を提供してくれる待機室を活用するのも良いでしょう。

ただ、このような店はかなり少なくなってしまったので探すのは少し難しいかも知れません。

よくネカフェ暮らしをしている風俗嬢の女性がいますが、お金を出してネカフェに泊まるよりも待機室に泊まった方がずっと安上がりです。

まとめ

出稼ぎ風俗嬢の宿泊先についてご紹介させて頂きました。

寮でもビジネスホテルでも何事にも良い面もあれば悪い面もあります。

どちらに宿泊するかは良く考えて選びましょうね。

地域によっても違いますし、お店によってもどんな所に宿泊してもらうか方針が全然違います。

近頃は多くの女性に風俗で働いて貰う為にキレイなオートロック付きマンションを寮として提供している店も増えつつあります。

昔は店舗型風俗店の場合、プレイルームに店泊させていたケースも多くありましたが、今現在はかなり少なくなっています。

長く滞在するのであれば宿泊先のあるエリアは治安が良い場所なのかどうか事前にチェックしておくこともおすすめします。

寮に関しては求人サイトには詳細が書かれていないことが殆どなので、小さなことでも気になることがあればお店に電話なりメールなりしてみて遠慮なく質問してみましょう。