風俗広告代理店のプロがこっそり教える「こんな店は働くな!」

こんにちは。運営事務局 編集部です!

今回はかなり思い切ったタイトルですが、わたしたち編集部は職種柄たくさんのお店とお話し接する機会が多いのですが、流行っているお店とそうでないお店って大きな違いがあるんですよね。

簡単にいうと良い店と悪い店の違いです。

まず一番見なければいけないのは、働く女性を大切にしているかどうかです。

単純かもしれませんがとても大事なことで、風俗店は女性ありきでお店が成り立つんですよね。

自己都合なお店は女性の数は少ない傾向にあり、女性を大切にしているお店は女性の数も多く長く働いてくれる傾向があります。

当たり前なことかもしれませんが、良い店悪い店の区別って入ってみないとわからないことも多く、応募段階で見つけるのって大変な部分なんです。

今回は失敗しないためにもこんなお店はやめた方が良いというポイントをお教えします!

求人募集と条件が異なるケース

仕事探しをする上で欠かせない求人情報の内容は重要で、実際に記載されている内容と働き始めてからの環境が違うことは、風俗店でのアルバイトに限らず多くありますが、決して許されることではありません。
特に出稼ぎの場合、事前に採用先を下見することが難しい可能性も考えられますので、頼りになる情報源は求人情報と言う場合の多いでしょう。
人材を集める過剰な優良店アピールをする店舗はあまりお勧めできず、その後も他のトラブルに繋がる危険性もあります。

辞めてしまうと収入がなくなってしまうことで我慢して働く方もいますが、働き始めてしまうと雇用先へ訴えにくくなるのも現状です。
デリヘルやソープ、エステなど業種によっても問題が様々で、顔バレしにくい出稼ぎは働きやすさがある一方で、知らない土地で働かなければならないため、自分でしっかりと行動する勇気も求められます。

あまりにも待遇が酷い場合には、早い段階で他の店舗で働き始められるように、今の店舗で働き続けながら新たなアルバイト先を探すと良いでしょう。

広告代理店のプロが知る限り、条件で話が違ってトラブルになることの多くは収入に関する話で、自分の取り分が求人情報に記載さてたよりも少ない場合が揉めごとに繋がっていますので注意しましょう。

顔出しNGが条件だったのに顔出しされてしまうケース

広告代理店として様々な風俗店との関わりがありますが、最近ではほとんどの店舗が公式サイトを設けていて、在籍する風俗嬢の顔写真を掲載しています。

加工をせずに顔写真を掲載している方がいる一方で、顔を出さずにモザイクのあるプロフィールのみで顧客の興味を引こうとしている方も数多くいます。

様々な事情を抱えて働いていることが多い出稼ぎでの風俗アルバイトの場合、採用時に顔写真を出さずに在籍したいと申請して働いている方も多いはずです。
しかし、しっかりお店に伝わっていない場合や、先方が勝手な判断で顔写真を公式サイト上に載せてしまうケースも多く、トラブルに繋がっています。

働く人の言い分をしっかり聞き入れて働きやすい環境を維持していない店舗は、目先の利益にばかり走っている可能性も高く、その後も様々な問題が発生するかもしれません。

より多くも風俗嬢の顔写真を掲載したい店舗側の気持ちも分かりますが、無断で掲載されたことで家族や知人に秘密で働いていた方が辞めることになるなど、店舗としてもメリットがあるばかりではありません。

信頼関係にも大きな溝ができてしまうことを考えますと、働く側の状況を十分理解して採用してもらえない店舗でのアルバイトは、少し考えた方が良いかもしれません。

地域によって客層がことなることで思ったサービス提供と話が違うケース

出稼ぎで他の地域で働くということは、その地域ごとの風習なども合わせて理解する必要があり、特に風俗についてはエリアによって変化があるとされています。
デリヘルやソープ、エステなど様々な業種がありますが、性行為を強要されないはずのデリヘルやエステでも、ソープと同じようなサービスを求められる場合や、年齢層が高めの高齢者ばかりが来店する地域もあるでしょう。

広告代理店の従業員として、全国各地の風俗店やアルバイト嬢との関わりがありますが、初めて出稼ぎで働く方は疑問を持たず素直にできていることが多い一方で、地元の地域性を知っている方が他のエリアで風俗アルバイトをする場合、新たな環境に慣れるまでに時間が掛かることもあり、場合によっては受け入れできないこともあります。
自分が取り組めない性的サービスについて明確にしておくと、求人情報を参考にしてお店を探す場合にもスムーズです。
その上で面接時に提供するサービスについてしっかり確認しておきますと、働き始めてからトラブルになることはありません。
どうしても受け入れらない内容がある場合は、違う地域での出稼ぎを検討する選択肢も含めて、応募を辞退するなどの自分を守る対策が必要です。

編集部
求人サイトだけでなく、お店のオフィシャルHPがある場合はまずどんなお店かをきちんと見るのが大切です。よさそうなお店はいくつか目星をつけて、その中からあなたに合ったお店を探していくのが良いですよ!(^^)/