お客さんでホストが来る!?ホストの営業に引っ掛かってしまう風俗嬢

こんにちは、永井 里子です。

風俗店には毎日様々な職業の男性がやってきます。
会社員や経営者、中には大学生なんかも!
風俗嬢はお客様を職業で選ぶことなんて出来ません。
指名されたらなおさら・・・。
ですが、気を付けるべき職業の人たちが風俗店にやってくることもあるのです。
「そんな人いるの?」
と思いがちですが、実はいるのです。
それはある意味同業者でもある『ホスト』なのです。

ホストがなんで風俗店に?

「なんでホストが来店するの?」
私も最初の頃はそう思っていました。
(ちなみに実際、数回ホストに接客しました)
だってホストは女性に困っていないイメージですよね。
ですが、先輩嬢やスタッフに聞くと、ホストの一番の目的は『プレイ』ではないことに気づきました。
ホストの目的は、『営業』なのです。
(ついでにプレイが出来るからラッキーなのでしょう)
営業・・・そうです、ホストは風俗嬢を自分の指名客にしたくて来店しているのです。
私のイメージとしては、ホスト店のナンバーワンは既に大量のお客様を持っているので、中堅ホストや新人ホストが指名客を探しにやってくるのです。
でもどうして風俗嬢を指名客にしたいのでしょうか?
それは、風俗嬢がOLやキャバクラ嬢よりも稼いでいるからです。
また、風俗嬢は精神的に悩みやすい職業なので、弱みに付け込みやすいのです。

ある意味ホストも自分の体を酷使した同業者。
接客も通常のお客様より楽と思っていませんか?
それは間違いで、ホストだからこそ気を付けなくてはいけません。
ホストはやっぱり外見に力を入れているから、イケメンが多いのです。
風俗嬢でもイケメンは大好きですよね。
しかも、毎日おじ様の相手をすることが多い風俗嬢。
若いイケメンとプレイできることに舞い上がってしまう風俗嬢も少なくありません。
また、ホストはトーク力がすごいのです。
「可愛いね」
「好きだよ」
なんて甘いセリフは朝飯前なのです。
このような事からホストの営業に引っ掛かってしまう風俗嬢は多いのです。

ホストの営業に引っかかるな!

c2-28_1-1024x470

では、どうしてホストの営業に引っ掛かってしまってはいけないのでしょうか?
ちなみにホストの営業ほど怖いものはないと私は思います。
ホスト店に遊びに行ったことがある人は分かると思いますが、ホスト店は料金がとても高いのです。
気を抜いたら、風俗店より高かったなんてざらにありますよ(笑)
ホストは風俗店に営業に来て
「店に来て」
なんて事は言いません。
きっと、
「友達になろう」
「今度飲みに行こう」
なんて言うと思います。
「全然営業じゃないじゃん」
と思ってしまいそうですが、この言葉を鵜呑みにしてはいけません。
一度仲良くなってしまうと、彼らホストは上手く言って自分の店に遊びに来て欲しいと言ってきます。
先程も言いましたが、ホストは見た目が悪くありません。
しかも、お昼から夜にかけて働いている風俗嬢は友達と遊ぶ暇もなく、寂しい思いをしている人が多いのです。
その上、毎日の仕事のストレスからか風俗嬢はお酒好きが多いのです。
ですので、ホストも店に来てくれたし、1回ホスト店に遊びに行ってみようと思う人も多いと思います。

ですが、ホストクラブはやはり楽しい場所です。
一度行くとハマってしまうケースが多いのです。
私も実はその一人で、酷い時は毎日のようにホストに通っていました。
ホストは店ぐるみで楽しい気分にさせてくれますし、自分にだけ『特別感』を出してくれるのです。
そのせいか、風俗嬢にはホスト狂いと言われる女の子が多いのです。

ホストにハマらない為には?

いくら楽しい場所でも、毎日のようにホストに通ってしまうとせっかく稼いだお金が無くなってしまいます。
すごく勿体ないですよね?
では、ホストが営業に引っ掛からないようにするにはどうすれば良いでしょうか?
もし、ホストが接客相手としてお店に来た時は多分名刺や連絡交換をすると思います。
もしくは店の名前と源氏名を告げて帰ったりするでしょう。
ですが、接客が終わったら、ホストのことは忘れるようにしましょう。
営業に来るホストも1人の風俗嬢にそんなに時間は取っていられないと思います。
店に来て欲しいがために、別日に指名で風俗店に来店するホストなんてまず、いないでしょう。
極端に言えば、ホストは店に来てくれる風俗嬢なら誰でもいいのですから。
ですので、もし連絡交換をしてしまったとしても、連絡取らないようにしたり、遊びの誘いは仕事を理由に断るようにしましょう。

ヨウコ
あなたが毎日頑張って稼いだお金。
そのお金をホストにハマって使うのは勿体ないです。
ですので、ホストの営業は相手にしないようにしましょう。
また、仕事が終わって帰る時などにホストのキャッチに会うこともあるかもしれません。
その時も相手にしないように心がけましょう。