【広島】働きやすいエリア広島で求人多数の業種は?

■広島の風俗事情 どんな業種が多い?

中国・四国地方で最大の人口を持つ広島市には、流川(ながれかわ)や新天地(しんてんち)といった歓楽街があり、キャバクラやガールズバーなどの水商売のほか、多くの風俗店が集まっています。

特に流川は県内最大の歓楽街になっているため、地方からの出稼ぎにはぴったりの場所と言えるでしょう。

風俗店の業種としては、巨大歓楽街らしく、出張・派遣型のデリバリーヘルス(デリヘル)のほか、店舗型のファッションヘルス、風俗でもっとも大きな金額が稼げるソープまで幅広いジャンルのお店が存在します。

デリヘルに近い言葉として「ホテヘル」もありますが、両者に特に大きな違いはありません。一般的に自宅ではなくホテルのみに派遣をする場合をホテヘルと呼ぶことが多いようです。

ヘルス関連のお店も、若い女の子が多数在籍するスタンダードなお店はもちろん、人妻や熟女が在籍するお店、受け身の男性が遊びにくるM性感など、さまざまなジャンルがあります。

M性感やマッサージがメインのエステは、男性側に責められることが少ないため、責められることに抵抗がある人や風俗店未経験の方に好まれます。

■広島で出稼ぎをするメリット

流川などの歓楽街に出稼ぎするもっとも大きなメリットのひとつは人口が多いことです。中国・四国エリアで最大の人口を誇る地域だけあり、お客さんが少なくて稼げないという心配はありません。

また、お店も多くあることから、売り手市場(女の子が働くお店を決めやすい)であるといえます。

どのお店も新人さんは喉から手が出るほど欲しています。そのため、スマホなどで求人情報をチェックして、気になったお店があったら積極的にアルバイトの面接を申し込んでみましょう。ほとんどのお店で当日?翌日のあいだに面接をおこなってくれるので、滞在期間を無駄にすることはありません。

繁華街は買い物や宿泊施設も充実しています。お店に出稼ぎするだけでなく、お洋服やアクセサリーなど買い物が楽しめるのもメリットのひとつといえるでしょう。

この辺りは非常に大きな都市であることから、周辺の地方に住んでいる方は、思い切って長期間移住してみるのも良いかもしれません。

■広島でのお給料の相場は?

風俗店の場合、時給が発生することはほとんどなく、「完全歩合制」であることがほとんどです。そのため、短期間でもきちんと稼ごうと思ったら、多くの金額を得ることが可能です。

流川周辺の風俗店では、一般的なデリヘルなどの場合、利用料金は60分13,000円、70分16,000円あたりが相場になります。お店と女の子の取り分が50%ずつの場合、60分で7,000円、70分で8,500円になります。

お店との取り分は、女の子の年齢や容姿、これまでの実績によって変動します。お店と女の子の割合が4:6というところもあります。もし、自分が稼げる自信があるなら、お店側と交渉してみるのもよいでしょう。

基本報酬に加えて、指名があったときの指名料、コスチュームや道具などオプションが追加されたときのオプション料が支払われます。指名料やオプション料の配分もお店によって異なるので、アルバイト面接時に確認するようにしましょう。

先ほど書いたように、風俗店では時給が発生しないので、やる気があれば上限なくいくらでも稼げますが、反対にテキトーな対応をしているとほとんど稼ぐことができません。風俗店はグループ系列や従業員同士でつながっていることがよくあります。出稼ぎで一度しか会わないからといって手を抜いていると、悪い噂はすぐに回ってしまうので気をつけましょう。

多くの人が集まる流川周辺の風俗店で、自分にあったお店を探してみてくださいね。