改めて確認。風俗で働いて良かったこと・悪かったこと

i_post380

風俗のお仕事は頑張り次第でお金をたくさん稼げます。

ですが、風俗のお仕事で得られるのはお金だけではありません。

ここでは、風俗で働いて得た良かったこと・悪かったことについてお話しています。

これから風俗のお仕事を始めてみたい人も必見です。

 

頑張った分だけ収入が得られる

風俗のお仕事は時給制ではなく完全歩合制のお店がほとんどです。

出勤した日についたお客様の数と時間数によってお給料が決まりますので、頑張れば短い時間で効率よくお金を稼げます。

お客さんがたくさん来たり、オプションを追加してくれたりすれば、それだけでも高収入に。

事情があって短い時間でしっかりお金を稼ぎたい人、空いている時間を利用して効率よく働きたい人など、色々な女性のニーズに合った働き方ができるのが、風俗のお仕事なのです。

 

お金以外に得られるもの それは「経験」

風俗のお仕事で得られるのは高収入だけではありません。

それは、風俗のお仕事を経験する事で得た何かです。

たくさんお客様を得るために、自分磨きを頑張った人なら美貌やスタイルを保てたり、美容に詳しくなって卒業後はその知識を生かした仕事に就いたりもします。

お客さんから褒められる事も多いお仕事ですので、今まで自分に自信がなかった人が自信を持てるようになった、という声も多く聞きます。

また、風俗のお店は色々なタイプのお客さんが来ます。

多くのお客さんと会う事によって、人に好かれる接客術を学べるようになった、男性の気持ちが分かるようになった、など人に関する対応が上手になったり、多くのお客さんと接した事で、その後の人脈が広がったりなど物理的なメリットを得た人もいます。

 

病気のリスクと、全然稼げない日もある

風俗のお仕事をして悪かったこと、というとすぐに出てくるのが「性病のリスク」です。

けれども、今は性病検査や衛生管理を徹底しているお店もたくさんありますので、きちんと自衛をしていれば性病のリスクは限りなく小さくなります。

そして、風俗のお仕事は歩合制です。

どんなに頑張ってもお客さんがひとりも来ない日(お茶をひく、といいます)は収入0となります。

とはいえ、ほとんどの風俗の女の子は「こんな日もある!」とポジティブに乗り切っているそうです。

 

まとめ

風俗で働いていると、良いことも悪いこともあります。

風俗のお仕事で経験した良い事は、その後の人生の糧となる可能性も高くなります。

また、悪いことも自分の心がけや気持ちの持ちようで、防ぐ事もできます。