風俗嬢は声が大事☆喘ぎ声の演技力を身に付けよう♪

aegi

男性がプレイのときに大興奮するのが「女性の喘ぎ声」です。

この喘ぎ声はもちろん風俗のお仕事にとっても大切なポイント、お客さんにとって喘ぎ声を全く出さない女の子より興奮する喘ぎ声を出す女の子の方が良い!のはもちろんです。

とはいえ、わざとらしい喘ぎ声だと「演技?」と思われてしまう事も…。

ここでは、風俗嬢必見の効果的な喘ぎ声の演技について解説しています。

 

相手の動作に合わせて・強弱をつけて声を出そう!

喘ぎ声を出すポイントのひとつに「タイミング」があります。

喘ぎ声を出す最高のタイミングは、お客さんの動作に合わせて出す事です。

逆に、お客さんが何もしていないのに喘ぎ声を出すのは演技だとばれてしまいますので、気を付けましょう!

喘ぎ声も、ただ大きな声で出せば良いわけではありません。

相手の動作に合わせて、最初は息が乱れる程度から、徐々に強弱をつけて喘ぎ声を出してみましょう。

正直、気持ちよくない時に喘ぎ声を出すのは難しいですし、とても疲れます。

けれども、相手の動作に合わせて徐々に出す喘ぎ声は、こちらの興奮を相手に伝える上でも効果的ですので、演技とばれにくいメリットもあります。

 

色々な喘ぎ声のテクニックを駆使しよう

喘ぎ声も一定ではなく、ささやき声、絶叫声、絞り出すような声、など色々なテクニックがあります。

ただ一定の喘ぎ声を出しているだけでは、お客さんも興奮せずだんだん冷めてしまう事もあります。

相手の動作や、行為の内容に応じて、色々な喘ぎ声をミックスしてみるのも効果がありますよ。

 

喘ぎ声だけじゃない!「恥じらい」の動作を取り入れよう

喘ぎ声と一緒に、ぜひ取り入れて欲しい動作が「恥ずかしがる動作」です。

相手から思わず顔をそむけてしまう、顔を見られない様に両手で顔を覆ってしまう、など、男性は女性の恥じらいの動作には大興奮間違いありません。

喘ぎ声と一緒に「恥ずかしいから、あまり見ないでください」など、恥ずかしがるセリフを言えば効果抜群です。

コツを掴めば、「恥ずかしくて声を抑えているのに、我慢できなくて声が出ちゃうときの喘ぎ声」といった、高度なテクニックもできるようになりますよ。

 

まとめ

喘ぎ声や恥じらいの動作のメリットは、すぐに取り入れやすいという事です。

お客さんを気持ちよくさせるテクニックも大切ですが、雰囲気作りも興奮させる要素となりますので、ぜひ今日から効果的な喘ぎ声を接客に取り入れてみてはいかがでしょうか?