出稼ぎの出勤って12時間が基本?無理のない働き方のススメ

c2-9a3

出稼ぎの出勤時間について

地方から都会に期間限定で働きにいく方や、出稼ぎ風俗にチャレンジしてみたい方は、メリット・デメリットを知ってから、求人情報を見て応募することがオススメです。デリヘル・ソープ・エステなどでアルバイトなどの経験があるから、大丈夫と思っていても、出稼ぎならではのルールがあります。それは、他の仕事よりも長い出勤時間です。

普通に働く場合は、1日2時間から3時間でOKという形で、求人募集がかかっていることがあります。しかし、わざわざ遠くから来ている出稼ぎは、平均10時間から12時間という、長い勤務時間(待機する時間)で、できるだけ稼ぐ必要があります。働く女の子も必死ですが、雇っているお店もお金をかけて採用しているので、多く稼いでもらわないとお店も赤字になってしまうので、お店も必死というわけです。

お店がかけるお金とは女の子の交通費と宿泊費で、この費用を負担してくれないお店では、働きたくないという女の子がほとんどだからです。勤務時間が長いのは、普通の働く女の子とは違い、高額の日給保証が付いているからということもあります。これは、女の子たちが日給保証が高いお店を選ぶことが多いからで、お店側も日給保証を高くしようとします。その結果として長い時間、働くことになってしまうわけです。観光や遊びに来たわけでなく、働くことが目的なので、待機時間が長いことはしょうがないことでもあります。

出稼ぎに向いている人

c2-9
思ったよりハードな出稼ぎ風俗ですが、出稼ぎに向いている人とはどんな人なのでしょうか?向いている女の子は、長時間勤務に耐えられる体力と精神力がある、連続勤務できる、あまり病気にならない、生理が予定通り来る、という女の子です。

平均勤務時間が10時間以上の場合、働く体力はもちろんですが、1人で寂しいということなどで、精神的に強い女の子が求められます。体力がない場合、連続して働くことが難しくなり、精神力がない場合、ホームシックになって不安定になってしまいます。そうなるとせっかく遠くから来ても、地元で働いている金額と変わらない給料になってしまいます。次に連続勤務できるというのは、出稼ぎの場合は連続5日間勤務ということも多いです。そのため、疲れが取れないような子や、デリケートゾーンが弱い子は向いていないです。次は病気になりにくいというのは、休んでしまうと、契約を違反したことになり、日給保証の金額が減らされるからです。また、生理不順の子も病気と同じ扱いになるので、向いていないと言えます。

結果が出せなければ、もうけにならないので、応募する前に、自分は働いていけるのか考えてみて下さい。

無理のない働き方とは

遠くから出稼ぎに来たのに、自分の限界をこえて無理をして働いて、あまり稼げなかったということにならないために、無理のない働き方をする必要があります。まずは働く期間を考え直してみてください。

まず、通常の出稼ぎ期間は、短くて7日から10日、長くて1ヶ月と言われています。しかし、長期で行けない理由がある場合や、あまり遠くに行って働いた経験がない場合は、3日間という超短期でもかまわないという、お店で働くことがオススメです。そういったお店では、短くても最低保証金がつき、女の子が赤字になることが避けられるからです。3日間くらいだと、普通のお仕事や学生であっても、土日祝などの連休があれば、都合がつくので、無理せずスケジュールが組めます。経験が少ない最初は、知らない場所の知らないお店に長くいることは、不安になる原因になります。

最初は短期から始めて、長期にしていけば、無理せず、続けれれるのではないでしょうか?

ヨウコ
お金を稼ぎに行っていたとしても身体を壊してしまっては元も子もないですよね。保証の条件がある店は必ず聞いてから応募するようにしましょうね。